PMS(月経前症候群)の症状や対処〜改善法

月経前に起きるPMS(月経前症候群)に悩む女性が少なくありません。

 

現在のところ、PMSの原因は、完全には解明できていないという状況もあり、抜本的な解決策が出てくるのはまだ当分先の話とも言われています。

 

test

 

何故PMS(月経前症候群)が起きるのか?その理由は、ホルモンの影響や、レニン・アンジオテンシン系の異常など、神経伝達物質の異常も関係ある?といった状況にあります。

 

 

PMSの原因の解明が完全でない現状、その治療法に関しても、決定的な治療法があるわけでないため、対症療法を行うことになります。

 

 

しかし、対処療法といっても、PMSは、その症状に個人差があるため、複数の治療法が用いられています。

 

  • 低用量ピルを用いたホルモン療法
  •  

  • 頭痛薬や鎮痛剤での対症療法
  •  

  • 向精神薬療法
  •  

  • 抗不安剤(いわゆる精神安定剤)を使う場合もある
  •  

  • 抗うつ薬(抗うつ剤に比較し、副作用が少なく、服用しやすいことも利点)
  •  

  • 症状に応じた漢方療法
  •  

  • 食事や運動、睡眠についての指導

 

といった、対症療法が主なものになります。

 

日本国内で、PMS(月経前症候群)に悩んでいる女性は、4割程度とされています。

 

意外にも、PMS(月経前症候群)を知らないという女性が、3割近くいるようです。

 

現在、PMSの症状で多く見られるのは、乳房の張りや頭痛、イライラなどです。

 

傾向として、20代〜30代女性に割合多く見られる傾向があります。

 

その年代ですと、PMSによって情緒不安定になるので、月経間遠は彼氏とは合わない。

 

そう仰る方もいらっしゃいます。

 

中には、PMSの症状が出てしまうと、「これから毎月そうなるのでは?」という不安から、さらに症状が悪化するケースもあります。

 

test

 

実際に、PMS(月経前症候群)を発症した人にしかわからない悩みではありますが、心身ともにダメージを受ける恐れがあるため、普段から意識して、PMSにならない、もし症状が出たら速やかに対処できるように心がけておく必要があります。

 

当サイトでは、PMS(月経前症候群)の症状や対処〜改善法についての情報をご紹介していきますので、何かしらあなたのお力になれればと思います。