PMSには漢方は効かないのでしょうか

「PMSには漢方は効かないのでは?」という声が少なからず聞かれます。

 

PMSといえば、漢方は一般的な治療法の一つとして定着しておりますが、実際のところ、漢方薬を服用する意味や効果とはどのようなものなのか?

 

ここでは、PMSにおける漢方の効き目という視点でご紹介してみたいと思います。

 

PMS治療のための漢方について

 

PMSの治療の一貫として、漢方薬を服用されている方の多くは、血液の流れを良くするためであったり、肩こりや冷えの解消、あるいは精神的に落ち着かずイライラするから、漢方を使用していると思います。

 

しかし、中には、

 

「イライラが治まらない」

 

「気分が滅入る・・・」

 

「漢方の何が効果があるのか分からない」

 

 

こういった方がいらっしゃいます。

 

漢方によって、精神的に不安定になり、その結果、漢方治療は止めてしまうケースもございます。

 

このあたりについては、漢方にも色々なものがありますし、そのどれが、PMSのどのような症状に働きかけ効いてくれるのか、よく確認しないまま服用しているケースも多々見受けられます。

 

 

このような場合の多くが、ドラッグストアなどで、市販の漢方薬を購入し服用している可能性が高いようです。

 

PMSの場合、その症状も人によって様々ですし、一人で複数の症状が出る事も少なくありません。

 

 

漢方も沢山の種類がありますので、あくまで一例ですが、気分がイライラする症状の方には、「加味逍遥散」という漢方薬が良いとされていますし、気分が落ち込んで沈みがちになる方には、「加味帰脾湯」が良いとされています。

 

 

どのような漢方を処方してもらうにしても、漢方とは、そもそも<体質改善>」が主な目的として服用されるものになりますので、即効性は期待できません。

 

時間をかけて、PMS改善の手助けになってくれる存在です。

 

なので、漢方を選ぶ際は、医師もしくは漢方の専門医などと相談して、服用する漢方薬を決めた方が無難です。

 

 

注意点として、お医者さんの中にも、漢方の知識に乏しい先生がいるのもまた現実です。

 

PMSの患者さんの症状に適したものを出してもらえないケースもありますので、漢方治療を行う場合は、注意が必要です。

 

中には、漢方の処方に積極的に力を入れている病院もありますので、そのあたりの確認を病院に取ってみたり、事前にネットで調べてから受診してみるのもありだと思います。

 

専門的な知識をもつ漢方薬局や、漢方を積極的に扱う婦人科などでしたら、患者さんの状態を見極めて処方してくれますので、だいたいは間違いないのですが、先ほども申し上げましたように、漢方は即効性がある訳ではございませんので、今服用している漢方薬があっているかどうかの判断には、少し時間の猶予を持って、判断する必要がありますので、できるだけ始めに相談する病院選びを慎重に行う方が無難です。

 

 

PMSに漢方は効かないというご意見の多くは、このように自分の症状に合っていない漢方を服用しているケースです。

 

効果を実感している方のなかには、体調も回復していき、気分的にも落ち着きを取り戻された方も沢山いらっしゃいます。

 

先ほど、漢方には即効性はないと申しましたが、服用から早い段階で、漢方の効果を実感される方の中には、飲み始めてから2〜3週間くらいの方も実際にいらっしゃいます。

 

勿論、個人差がありますので、数週間で効果を実感できるケースは、そんなに多くないのかもしれませんが、漢方も続ける事で、PMSの改善の兆しが見える治療法なので、あせらず取り組まれる事をお勧め致します。

 

 

どうしても漢方は効果があると実感できないという事であれば、他の治療法(ピル、サプリメント、当帰芍薬散、精神安定剤など)を試してみた方が良いかもしれません。

 

ただ、いずれのものを服用するにしても、個人差は必ずありますので、やはり根気よく改善に取り組み事は避けられないのだと思います。

 

PMSに漢方が効くのか効かないのかについては、PMSの治療に体質改善は必須だと言えますので、体への負担という面でも他の服用薬よりは、積極的に取り入れても良いのではないかと思います。

 

PMSサプリ人気ランキングはこちら

関連ページ

PMSで漢方を使用する際の副作用について
PMSの症状緩和に漢方を服用されるケースは少なくありません。 しかし、漢方にも副作用を引き起こす可能性は少なからずございます。 ここでは、PMSでの漢方治療における副作用についてご紹介致します。
PMSの治療に使用される漢方薬の種類
PMS(月経前症候群)の治療に使用されている漢方薬を、種類と症状別で取り上げてみます。