PMSの症状が出ている女性を相手にするときの男性側の心得、対応について

PMSの時期には、男女間のトラブルがよく起こります。

 

女性は、PMSによって、イライラいしたり無気力になったりしますので、男性にあたることも少なくありません。

 

このような場合の男性側の対応一つでも、PMSの症状が悪化するか否か、変わってくることも少なくありませんでの、PMS期の女性と、できる限りよい関係を保つためにも、ぜひ心得てほしい対応などについて、ご紹介してみたいと思います。

 

 

喧嘩を売られても絶対に買ったりしない

 

PMSによって、感情的になっている女性にムキになったり理詰めにするのは無意味なのです。

 

思わず反論や意見をしたくなるかもしれませんが、ひとまず理屈などは置いておいて、相手の話をとことん聞いてみてあげてください。

 

 

日常会話の積み重ねが信頼関係につながる

 

PMSの症状がもとで、恋人関係が消滅したという、悲しい出来事も案外少なくありません。

 

これは恋人だけでなく、夫婦間や職場での人間関係でも、何かしらのトラブルが起こるりうるのです。

 

PMSの女性に対しては、信頼関係を築けるかどうかが大きなポイントになります。

 

相手の心身の問題理解し、自然と労わってあげられる環境、雰囲気を作って行くことが、相手を理解することに繋がっていきます。

 

 

率先して家事や育児を引き受ける

 

こちらについては、夫婦間におけることなのですが、PMSの症状が出ているときも、普段と変わらずに家事や育児をしている女性は多いものです。

 

しかし、これらの負荷がさらに症状を悪化させることは十分に考えられますので、精神的、肉体的な負担を軽減してあげられるように、率先して引き受けてあげましょう。

 

出来る事ならば、普段から分担制にしておけば、男性の協力が常に得られていることで、女性は安心感にもつながりますので。

 

時々、自分だけの自由な時間を、女性に作ってあげられると、なお良いとは思います。

 

 

PMSの症状は時間が解決してくれる

 

test

 

PMSは、生理の周期に関係しているため、期間的にそれほど長くはないとも言えます。

 

 

そのことを念頭に置き、PMSの時期には、相手にプレッシャーをかけるような事をいったり、大きな負担をかけないように意識してみて下さい。

 

 

さりげなくいたわりの言葉をかけてあげたり、温かい目でサポートをしていただけることが一番なのです。

 

 

トップページにもどる