PMSが不妊の原因になる可能性が・・・

PMSという病気は、女性特有の病気になります。

 

PMS 不妊

改めて申し上げますと、月経が来る3日前から10日前のあたりから続く精神的あるいは身体的症状のことです。

 

 

この症状は月経が始まるとともに減ったり消えたといった状態になります。

 

主な症状としては、まず毎月の月経前に周期的に現れることが特徴となっています。

 

 

身体に起こる症状としては全身のどこかしらの部位がむくんできたりします。

 

腹部の膨満感・乳房の過剰なふくらみなど水分が特定の部位に溜まってくる症状がみられます。

 

 

 

痛みもあることも特徴の一つとなっており、頭痛・腹痛・腰痛などといった痛みを訴えます。

 

そのほかにも食欲不振・めまい・疲れやすいなどの症状もみられます。

 

心に起こる症状としては、情緒不安定・抑うつ・不眠などがあります。

 

症状については個人差があり軽度で済む場合もあれば、重症化してほとんど寝たきりのような状態になる人もいます。

 

また、PMSが原因で「不妊」になってしまう可能性もあるのです。

 

これは、こうした症状を引き起こす原因として、別の病気が隠されている可能性があるためです。

 

軽度であれば様子見をすることもありますが、症状がひどい場合においては、医療機関にて治療する必要があります。

 

PMSが起こる原因については、ストレスやホルモンバランスの変化に耐えられなくなってしまうことなどが一つには考えられています。

 

食事習慣及び日ごろの生活習慣を見直した上で規則正しい生活を心がけるようにします。

 

長期的に取り組むことが必要ですが、続けると症状を緩和することができるため効果的といえます。

 

PMSによる症状の緩和に効果的な食品もたくさんありますので、しっかりと摂取するようにしましょう。

 

例えば、カルシウムを豊富に含む小松菜や干しエビ・ナッツ類などはホルモンの生成に関連の内分泌系に作用することが分かっています。

 

摂取することで心が安定しやすくなり、むくみの改善効果もありますので摂取しておくようにします。

 

ほかにも、レバーやまぐろなどに含まれるビタミン類の摂取も有効です。

 

逆に摂取を控えるべきものとして、PMSの時期にはカフェインやアルコールは症状を悪化させる危険があります。

 

不妊となると、大きなショックを避けることはできませんので、日頃の生活習慣の見直しや、自己判断はせず、辛いときは早めに病院に足を運ぶ様にしましょう。

 

 

PMSサプリランキング