PMSが原因で仕事での判断を誤りやすくなる?

test

 

PMSの症状が出ている時に、感情のコントロールが上手くいかずに判断ミスをすることが多々あります。

 

特に、仕事をもっている方は注意が必要となります。

 

普段であれば、滅多に起こさないような判断ミスをしてしまい、大きなトラブルになったケースも実際にあります。

 

もしあなたが、PMSの症状が出ている時に、仕事もしくは個人的にでも重要な決断をしなければならない時や新しいことを始める時などは、自分一人で判断をしないことが大切です。

 

必ず誰かに相談することを忘れないようにしましょう。

 

 

普段なら問題ないことが、PMSの影響でよくない結果を生むことは実際にありますので、「自分は大丈夫」と思わず、正直に相談して、単独での判断をできる限り避けるようにするのは、決して恥ずかしいことではありません。

 

誰かに相談しようという意識が重要なのです。

 

勿論、自分の体調不良を理由に仕事に穴を開けたり、誰かに迷惑をかけるようなことになってはいけないと思いがちですが、そこは最終的にはあなた次第にはなってしまいます。

 

自分でPMSの症状を乗り越えるだけの強さや精神力があれば、大きなトラブルは避けられるかもしれませんが、仕事において時間的な制約や契約などにかかわるようなことは、慎重であったほうが良いですから。

 

やればできる感情のコントロール?

 

ここまで判断ミスを避けるために、周りのサポートお勧めしてきましたが、先ほど申しましたように、自分の力で乗り越える強さがあるのがもちろん良いのは確かです。

 

「それは無理・・・・・」と思いがちですが、要は、「感情のコントロール」

 

こににかかってきます・・・。

 

 

PMSに悩む方の多くは、症状が出ているときに感情のコントロールが難しと思われがちですが、実は案外人というのは感情を自分なりにコントロールできているものなのです。

 

例えば、家で家族や恋人なども喧嘩をしたとします、その時に、来客や宅急便などがやってきた場合どうでしょう?

 

今その瞬間まで喧嘩をしていたあなたが、何もなかったかのように応対にでるはずです・・・。

 

 

そうなんです。

 

 

PMSの症状が出ていても、相手によって感情のコントロールが出来ているという事なんですね。

 

本能的に甘えられる相手には、気を許しているから感情が上手くコントロールできていないのです。

 

 

そう思うと、PMSのときでも感情のコントロールが出来そうなきがしませんか?

 

仕事とはいえ、普段から顔をいつも併せている相手の前だと、PMSに流されているといっては言いすぎかもしれませんが・・・・。

 

自分でコントロールができると思ったら、少し気持ちが楽になるかもしれませんね。

 

その出来た!という感情が実が大切なんです。

 

 

test

 

PMSだからといって、不安になって落ち込んだりイライラしすぎないように自分をもっていくことができれば、案外PMSは怖いものではありません。

 

大切なことは、PMSの症状が自分に出ていることを自覚し、そのうえで、自分を責めないようにすることです。

 

そのためには、なんだかんだ言っても、周りの協力や理解は欠かせませんので、正直に話をして、一人で悩まず、周りとのコミュニケーションをしっかりとって、仕事などで重要な判断が求められる場面でも慌てないように日ごろから心がけていきましょう。

 

 

自分でできる改善法についてはこちらの記事をご覧ください

 

トップページに戻るにはこちらからどうぞ