PMSと更年期の違いとは

女性の場合、年齢的に40代後半50代あたりに多い閉経前後に、更年期の症状が現れてくる可能性が高いのは言うまでもないのかもしれませんが、PMSの症状の中には、それが本当にPMSなのか?実は更年期なのか?

 

更年期

 

わかりにくいケースがあるのは事実です。

 

このような場合、精神面での症状がそれにあたるケースが割合としては多いかもしれません。

 

イライラといった感情の起伏、特に気持ちが落ち込むなどの状態です。

 

 

 

そもそも、更年期の症状がどうかの判断については、まず基本的な事として、生理がきちんとあるのかどうかです。

 

周期の乱れは多少なりともあっても、生理が一定の期間できちんときているのであれば、それは更年期ではなく、PMSの症状と言えます。

 

ただ、実際問題のPMSなのか更年期なのかの判断は、重複する症状が複数あるため難しいのも確かです。

 

このあたりは、自己判断は行うべきではありませんし、お医者さんに相談するのが良いとは思います。

 

閉経前後は、卵巣機能が低下している事になりますので、女性ホルモンが今までより急激に減っていきます。

 

女性ホルモンが十分に出ている場合はPMSと言って差し支えないのですが、明らかに減るという事は更年期の症状になります。

 

その影響により、心身に様々な影響(症状)が出るものです。

 

人によっては、早期の閉経が現れる方も実際にいらっしゃいます。

 

先ほども申しましたように、生理がきちんと一定の期間できているなら更年期の可能性は低いと言えます。

 

辛い症状が出ると言う意味では、PMS更年期も同じなようなものなのかもしれませんが、その治療・対策は、同じとは言い切れませんので、月経周期(一定?不安定?かどうか)を踏まえ、婦人科、心療内科、更年期外来(心療科)といった医療機関へ相談されるのが一番です。

 

※ご自分で出来るPMSか更年期かどうかの見極めについては、排卵時期以降にイライラや落ち込み、倦怠感や頭痛を始めとする症状がでて、排卵から生理まで続くのなら、PMSである可能性が高いです。

 

極端な生理不順が続いているのでしたら、婦人科でホルモン値を測ってみてもらう事をお勧め致します。

 

PMSサプリランク