PMSは年齢で症状に変化も

初潮を迎えてすぐの頃は、生理周期が不安定ですが、おおよそ18歳の頃になると安定してくると言われています。

 

PMS 年齢

18歳以前には生理がきても生理痛とは無縁、生理前の不快症状を感じた事がないという女性も多いのですが、18歳以降からはPMS(月経前症候群)を強く感じる女性が増えます。

 

PMS(月経前症候群)の症状がでるようになるのは18歳〜45歳と言われ、特に30代の女性が一番強く出ることがわかっています。

 

 

20代の頃は、乳房が張る、下腹部が痛い、頭痛などの身体的に出る傾向があるのですが、30代はその身体的症状に加え、精神的な部分も出てきてしまいます。

 

イライラしてしまったり、攻撃的になる、中には「うつ症状」が出たりもするようです。

 

30代の女性の多くは子育て世代であると同時に、仕事の面でも忙しい日々を送っている女性が多く、ストレスを溜めやすい傾向があります。

 

ストレスがPMS(月経前症候群)の症状を悪化させているという状況があるようです。

 

また、出産経験があるかないかによっても症状に個人差があります。

 

実は、出産経験がある女性の方がPMSが強く出る傾向があり、女性ホルモンの影響が原因であると言われています。

 

PMSは年齢に応じて程度が変わるだけではなく、出産経験があるかないかでも差が出てくるようです。

 

PMSを改善していく為には、まずは生活習慣を変える必要があります。

 

不規則な生活や睡眠不足は、ホルモンバランスを乱し、よりPMSの症状を悪化させてしまいます・・・。

 

健康的な生活を心掛け、バランスの良い食事をし、ストレスを溜めないことが大切になってきます。

 

また、喫煙やアルコールの摂取を控えることも効果的です。

 

いずれにしても症状の出方については人それぞれですが、あまりに辛いようでしたら、一度クリニックにて相談することをお勧めします。

 

医療機関には、患者さんの症状にあった治療法や治療薬があります。

 

また、精神的な物が強い人の中には自殺願望が出てしまう人もいますから、一時的な物だからと放っておかずに早めに受診するようにしてくださいね。