PMSと妊娠初期症状の違いとは

PMSとは、プレ・メンストラル・シンドロームの略なのですが日本語では「月経前症候群」と呼ばれています。

 

PMSと妊娠初期の違い

これは名前の通り、生理予定日の1週間から2週間前あたりから出てくる様々な症状の総称で、生理が始まると症状が落ち着くと言われています。

 

 

場合によっては生理が終わってから症状がぶり返してしまう事もあるようで、症状などから妊娠初期症状と似ているとされているので、中には「妊娠してしまった?」と勘違いしてしまう女性も少なくないと言われています。

 

 

 

PMSと妊娠初期症状が似ている理由としては、どちらもプロゲステロンという黄体ホルモンが分泌される事によって起きる症状だからだとされています。

 

 

 

 

ただし妊娠している場合はプロゲステロンはそのまま分泌され続けるので、増加傾向となるのですが、PMSの場合は生理が終わればプロゲステロンの分泌も落ち着いてくるので通常であれば生理の有無で不快な症状がなくなるようになっています。

 

ではPMSと妊娠初期症状の違いはどこにあるのか?というと、基礎体温着床出血の有無などが挙げられています。

 

一番見分けやすいとされている基礎体温に関しては一般的に生理予定日になると低体温になるようになっているのですが、妊娠している場合は整理予定日に関係なく高体温状態が続くようになっています。

 

そのため体温が下がっている場合は生理、そうでない場合は妊娠している可能性が高いと見分ける事ができるのです。

 

そして着床出血もPMSには見られない症状なので妊娠していると判断する事ができるので、出血した時期やその量・性状などの違いからどちらなのかを見極めることも大切になります。

 

それ以外の違いとしてはおりものがそれぞれ性状が異なっていたり、「腹痛の具合がPMSの方が強い」「妊娠している場合は胸の張りがずっと続いている」など同じように見えても違っている部分がいくつかあります。

 

似通っている部分も多いのですが、だからこそそれぞれの違いを把握して見極められるようにしておくことは非常に重要なんです。