PMSの症状を緩和するための食事療法

PMSの症状を和らげるための食事のとり方についてですが・・・・・

 

test

まず大前提として、「1日3食を規則正しく食べる事」ということがございます。

 

特に朝食を食べないでいると、脳の栄養が不足し、イライラしがちになったり、眠気の症状が出やすくなります。

 

そして、食事の間隔やあきすぎたり、回数が不規則な状態が続いたりするのは良くないのですが、特に気を付けないといけないのが、まとめ食いなどをしてしまう状態です。

 

まとめ食いは、血糖値が急激に上がってしまうため、血糖値量を調整する役目を果たす、「インシュリン」の分泌が急激に増加するため、反対に血糖値を大きく下げようとします。

 

その結果、血糖値が著しく低下してしまい、食欲が増進して、また食べてしまうという悪循環につながります。

 

血糖値が急激に上がったり下がったりを繰り返すと、脳や体を混乱させてしまい、PMSを誘発しやすくなってしまうのです。

 

このような血糖値の急激な変動のことを、インシュリンスパイクと呼び、攻撃的な性格に変化させる状態を引き起こします。

 

まさにイライラなどはその典型的症状となります。

 

そうならないためにも、規則正しい食生活と、下記の食材を積極的に摂られることをお勧め致します。

 

イライラや頭痛を緩和するビタミンB群

 

牛レバー・鶏レバー・マグロ・カツオ・貝類・にんにく・玄米

 

 

ホルモンの働きをスムーズなものにするアルファリノレン酸

 

くるみ・菜種油・しそ油

 

 

貧血改善とストレスに対する抵抗力を高めるビタミンC

 

アセロラ・ピーマン・ブロッコリー・ゆず・パセリ

 

 

便秘解消、心身の調子を整えるための食物繊維

 

干し椎茸・ワカメ・ひじき・おから

 

 

情緒不安定やむくみの症状を緩和するカルシウムやマグネシウム

 

ひじき・ゴマ・チーズ・干しエビ・ワカメ

 

抗酸化作用があって血流を改善してくれるビタミンE

 

かぼちゃ・落花生・アボカド・アーモンド

 

 

エストロゲンに似た作用があるイソフラボン

 

豆腐・豆乳・納豆・味噌・油揚げ・きなこ

 

 

摂りすぎに注意して頂きたい食材

 

・カフェイン

 

コーヒーなどのカフェインの摂りすぎは神経を過敏にしてしまい、PMSの症状を悪化させてしまいます。

 

・塩分

 

むくみを悪化させます。

 

・脂っこいもの

 

湿疹や吹き出物を誘発しやすくなります。

 

・糖分

 

血糖値を急上昇させるため、PMSの症状に直接的な悪影響を及ぼします。

 

 

甘いものを摂るときの注意点について

 

PMSのときに限らず、甘いものが欲しくなる時があると思いますが、空腹時に高カロリーの甘いものを摂取してしまうと血糖値の変動が大きくなるため注意が必要です。

 

このような行為は、あなたのPMSの症状を悪化させかねませんので、甘いものを口にするときは、なるべく食後にしましょう。

 

そして、なるべくヘルシーなものを少量だけ口にするようにいしましょう。

 

そうすることで、血糖値の変動は緩やかなものにすることができます。

 

どうしても甘いものが欲しいときは、飴などを舐めるのがお勧めです。

 

ちなみに、比較的ヘルシーで栄養価が高いとされるものには、下記のようなものがあります。

 

バナナ

 

セロトニンという楽しく幸せを感じられるホルモンとされるものを作るのに必要なのが、炭水化物とビタミンB6とトリプトファンとされています。

 

バナナはこれらが豊富に含まれています。

 

 

ドライフルーツ

 

カルシウムやマグネシウムが豊富なので、イライラやむくみへの対策として、ドライフルーツはお勧めです。

 

消化がゆっくりとされるため、血糖値が急激に上がらないのも良いところになります。

 

ヨーグルト

 

精神を安定させる、カルシウムやビタミンB6が含まれています。

 

ナッツ

 

こちらも精神落ち着かせるビタミンB6、そして、むくみ解消に効果的なカリウムが豊富に含まれています。

 

 

反対に、できるだけ控えて頂きたい高カロリーで糖分が高い甘いものとしては、チョコレート、ケーキ、菓子パン、大福、お団子などがあります。

 

test

関連ページ

サプリメント療法について
PMSの症状緩和のために積極的に活用できるのがサプリメントです。 様々な栄養素を摂取できるサプリメントは、PMSにおいても効果が見込めます。
運動療法でPMSの症状を和らげる
PMSの症状を緩和するために、運動療法も積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか?
PMSの緩和に入浴療法
お風呂の入り方を意識するだけでも、PMSの症状の緩和につなげることはできます。 入浴の仕方一つで血行が変わりますので、ぜひ取り入れていみてください。
PMSの症状緩和のための漢方薬での注意点
漢方薬は、PMSの症状緩和のために服用を検討される方は少なくありません。 ただし、漢方薬を選ぶ際は自己判断は厳禁ですよ。
ハーブ療法について
PMSの痛みの緩和には、ハーブ療法もございます。 症状によって使うハーブは変わりますので、一通りご紹介してみます。
その他の療法について
PMSによる不調を緩和するための療法、ホルモン投与やピルについて。
PMSにマグネシウムは効果がある?
PMによる心身の不調を軽減する効果がマグネシウムにあると言われてます。 果たしてその理由とは?
PMSの改善にはホルモンバランスを整える必要が
PMSを改善するためには、やはりホルモンバランスを外す事が出来ません。 いかにしてホルモンバランスを整えるかについて考えてみたいと思います。
PMSの改善にマカが効果あるって本当?
PMSを改善するのに、マカが効果があると言われています。 その理由とは一体どのようなものなでしょうか・・・。
PMSによるヒステリーを軽減するには?
PMSの症状が出始めると、途端にヒステリーな状態を引き起こす事もあります。 ちょっとしたことでイライラしがちなPMS。 周りにも心配をかけてしまうヒステリーを軽減するにはどうすれば良いのでしょうか・・・。