運動療法でPMSの症状を和らげる

PMSの症状を緩和するために運動を行う事は良いことです。

 

そもそも適度な運動は、体のためにも必要なことになりますので、面倒でも可能な範囲で行うほうが良いと言えますね。

 

運動を行う事で、身体の血行が良くなりますので、肩こりや腰痛、むくみや頭痛の予防や解消にもつながります。

 

このような症状の改善は、そのままPMSの改善にも関係してきますので、体を動かすことは、ぜひ積極的に行っていきましょう。

 

運動を行うと言っても、急激な激しい運動は必要なく、有酸素運動を意識して取り入れましょう。

 

test

PMSの症状を和らげるために、行っていただきたい有酸素運動としては、以下のようなものがお勧めできます。

 

お勧めの運動としては、ジョギング水泳エアロビクスサイクリングヨガなどです。

 

ちなみに、ヨガなどの有酸素運動は、副交感神経を活性化させますので、自律神経のバランスを整える効果もございます。

 

出来れば、一週間に三日程度、一日あたり30分から60分程度行えるのが理想です。

 

どうしても仕事や家庭の都合などで、運動が困難な場合は、ほんの少しの空き時間でもかまいませんので、ストレッチなどを意識しておこなうだけでも良いです。

 

量ではなく、積極的に体を動かすことを意識して行動することで、身体の血行はよくなりますので、日々取り組んでみましょう。

 

 

 

関連ページ

食事療法
PMSの症状を和らげるための「食事療法」について、積極的に摂取してい頂きたい食べ物(食材)や、反対にできるだけ控えた食べ物(食材)などをご紹介致します。
サプリメント療法について
PMSの症状緩和のために積極的に活用できるのがサプリメントです。 様々な栄養素を摂取できるサプリメントは、PMSにおいても効果が見込めます。
PMSの緩和に入浴療法
お風呂の入り方を意識するだけでも、PMSの症状の緩和につなげることはできます。 入浴の仕方一つで血行が変わりますので、ぜひ取り入れていみてください。
PMSの症状緩和のための漢方薬での注意点
漢方薬は、PMSの症状緩和のために服用を検討される方は少なくありません。 ただし、漢方薬を選ぶ際は自己判断は厳禁ですよ。
ハーブ療法について
PMSの痛みの緩和には、ハーブ療法もございます。 症状によって使うハーブは変わりますので、一通りご紹介してみます。
その他の療法について
PMSによる不調を緩和するための療法、ホルモン投与やピルについて。
PMSにマグネシウムは効果がある?
PMによる心身の不調を軽減する効果がマグネシウムにあると言われてます。 果たしてその理由とは?
PMSの改善にはホルモンバランスを整える必要が
PMSを改善するためには、やはりホルモンバランスを外す事が出来ません。 いかにしてホルモンバランスを整えるかについて考えてみたいと思います。
PMSの改善にマカが効果あるって本当?
PMSを改善するのに、マカが効果があると言われています。 その理由とは一体どのようなものなでしょうか・・・。
PMSによるヒステリーを軽減するには?
PMSの症状が出始めると、途端にヒステリーな状態を引き起こす事もあります。 ちょっとしたことでイライラしがちなPMS。 周りにも心配をかけてしまうヒステリーを軽減するにはどうすれば良いのでしょうか・・・。